「否定的感情」

「人々は一斉に…叫んだ。…叫び続けた。…あくまでも大声で要求し続けた。その声はますます強くなった。」ルカによる福音書23・13-25

感情は、マイナスの方向に動きやすいのだということを、私たちは肝に銘じておかなければならないでしょう。つまり、放っておけば、感情は必ず、否定的、批判的な方向になります。よほど意識しないと、津波が押し寄せるようにして、あっと言う間に、私たちはそのマイナス感情に支配されてしまうでしょう。普段の生活を一瞬にして奪っていったのが、あの津波でしたが、同じように、普段、聖書をどう読んできたか、今さっき礼拝でどういう言葉を聞いたか、教会を愛の共同体だと言っていても、そういう日常が一瞬にして吹き飛ばし、崩壊させる威力のあるものが、マイナス感情なのです。
否定的感情は、こうすべきだ、こうしてはならない、だからダメなんだ、という形で現れます。なぜ出来ないのか、という批判で現れます。おかしいんじゃないか、という不信、不満の形で現れます。この感情に支配されると、そういう言葉が口癖のようになっていきます。言葉がパターン化します。
否定的な感情は、以心伝心、不思議に連鎖します。よくない、だめ、などという言葉に触発されて、人の気持ちはどう動くかというと、私もそう思っていたんだと連動し、それは核分裂的な連鎖反応となり、時間を経ずして、数十倍の威力になります。
悪魔の用いる手法の一つは、感情を否定的、後ろ向きにしてしまうことです。それが、教会を崩壊させるのに一番、手っ取り早い方法だということを、悪魔は知っているのです。そのことで教会の活動が停滞したことがいかにしばしばあったことでしょうか。感情は、放っておけばマイナスの方向に動きやすいのだということを、私たちは肝に銘じておかなければなりません。
数えよ、主の恵み! 私たちは、生かされている恵みを数えましょう。与えられている良いものを分かち合いましょう。泉教会が主に用いられていることに目を留めましょう。泉教会の枝であることを感謝しましょう。これが、否定的感情が押し寄せる時の防波堤になるでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-04-04 18:32 | Comments(0)