「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」

日曜日夜、「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」4回シリーズの最終回を観た。驚くべき(そんなことは周知のことだろうが、当のNHKの番組紹介にそうあるのだから、そうなのだろう)、実態が紹介されていた。番組紹介のホームページには、次のように書かれていた。

以下、全文引用

なぜ日本は無謀な戦争への道を選択したのか。太平洋戦争70年の年に問いかける大型シリーズ。最終回は、いよいよ開戦を決定した1941年をとりあげる。
今回見つかった当事者たちの戦後の証言テープからは、驚くべきリーダーたちの実態が明らかになった。日本の国策決定の場は、全ての組織の代表者が対等な権限を持つ集団指導体制で、全会一致が建前。常に、曖昧で、玉虫色の決定が繰り返された。各組織のリーダーたちは、戦争に勝ち目がないことを知りつつも、戦争できないと言うことが自らの組織に不利益を与えると考え、言い出すことができない。海軍、企画院、陸軍、首相、それぞれが互いに責任を押しつけ合い、重大案件は先送りとなっていく。しかし、日米交渉が暗礁に乗り上げ、妥結の見通しがみえない中、首脳部は、国力判断、すなわち国家の生産力・戦争遂行能力のデータを総動員して、譲歩か、戦争かの合議を行う。結論は、各組織の自壊を招く「戦争回避」より、3年間の時間を稼ぐことのできる「開戦」の方に運命を賭ける。
日本のリーダーたちは、国家の大局的な視野に立つことなく、組織利害の調整に終始し、最後まで勇気をもった決断を下すことはなかったのである。
:引用終わり

リーダーたちはどうみても勝算のない戦争を皆、止めようとしていた。にもかかわらず、世論を恐れて、勇気をもって決断できなかった。そのうち、時勢に流れて、結局、開戦となった、と。決意なき開戦。何ということか。そんなことで、あれだけの犠牲を生んだというのか。もちろん、開戦の決意があればよかったという話では、毛頭ない。(戦争を回避するという)勇気をもった決断の、何と必要なことか、ということである。それは、先に紹介した、佐々木中氏の「人間だからこそ、なぜと、問おう」に重なる。そうしなかったために、動物に成り下がり、あれほどのとてつもない犠牲を生んでしまった。犠牲だけではない。兵士たち自らが、感情を失った野獣と化してしまったのである。「戦争と在籍」野田正彰著を読みながら思う。

非常にショックな内容の番組であった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-03-07 21:07 | Comments(0)