「健康第一」

今年の冬は、異変が起きている。体調が、つまりおなかの調子が、「いい」。風邪をひかない。
11月頃から始まって数ヶ月間、おなかの調子がダウン、微熱が続くという状況が、ここ何年も続いていて、 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)のお世話にならない時はなかった。おなかの調子の悪さと風邪の症状には、まったく辟易していた。ところが、どうしたわけか、今年の冬は、ずっと「普通」を維持している。

例年と何か違うことをしたかと言えば、ひとつだけある。

f0086426_17314093.jpg

http://item.rakuten.co.jp/saladcosmo/kuro_nin001/

を食べていることだ。黒酢にんにくについて、ネットを調べると、次のような説明に出会った。
・にんにくには強力な殺菌作用もありますので、インフルエンザや風邪、肝炎、0-157といった感染症の予防になります。これはにんにくの含有するアリシンの働きによるものです。
・黒酢のクエン酸が腸の活動を促します。オリゴ糖などと一緒にとって便秘解消して、いつも腸をすっきり快適にしておきましょう。腸が元気なら体の至る所が元気になりますね。

どうやら、私の体が実証しているようだ。
(今回は「楽天市場」になってしまった・・・ 良いものを紹介したくなるのは、福音と同じ。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-01-31 17:21 | Comments(0)