「還暦」

吾十有五にして学に志し
三十にして立つ
四十にして惑はず
五十にして天命を知る
六十にして耳順ひ
七十にして心の欲する所に従ひて矩を踰えず

今日、60歳の誕生日である。思えば、どこかで待ち望んでいた「節目」であった。区切りというか、いや、折り返し点という意味かな。さて、人生、ここからだという思いと生活を、今日から、構築していこう。次の「古希」 (数えの70歳≒満69歳) を目指して。
それにしても、耳順か。そういえば、若いときは自分の意見を押し通してきたような気がする。最近は、人の意見をあわてないで受け止めることが、何とはなしにできているのかな。

娘たちからネクタイを贈られた。上が次女からのもので、下が長女からのもの。下の娘が意外と古典的感覚であることに意表をつかれる。
f0086426_9442954.jpg

f0086426_9441860.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
Commented by ミリアム at 2011-01-07 22:20 x
先生 お誕生日おめでとうございます。
ネクタイ、どちらも先生によくお似合いになることでしょう。
あの、何とはなし・・・鶴さんは先生、亀さんはH子先生、わっ、ごめんなさい。

私も昨日はおもいがけず最高のお誕生会をしてもらいました!
ハレルヤ!!
Commented by rev_ushioda at 2011-01-08 09:36
何とはなしに、ね。あ、なるほど ^^
それはともかく、共に、 ここを起点といたしましょうか。
神学校の同窓の友が、病に倒れ、「明日夕方、一応退院です」と。明日とは私の誕生日。しかし、今後は困難な歩みになりそうです。そういう中で迎えた節目でした。何か迫るものがあります。
Commented by ミリアム at 2011-01-09 22:49 x
一応、とは退院後の厳しい現実を想像させますね。

私の友人もおつれあいが昨年一年入退院を繰り返し、年末年始も病院で迎えた由、年賀状で知りました。

一分一秒が主の御力で生かされていること、明日の目覚めもまた。
なんという恵み。
Commented by rev_ushioda at 2011-01-10 01:08
アーメン
by rev_ushioda | 2011-01-07 09:45 | Comments(4)