「1週間前の日曜日

一週間前、妻は、ブラジルの教会の皆さんと一緒だった(写真)。
入植された1世の皆さんが天国に旅立たれ、1世の皆さんがいなくなるだけでなく若い人は町に出るので、これからますます人が少なくなる村で、語弊があるかも知れないが、ある意味では「成長しない」教会の現実を経験させてもらった。
こういう現実は、どういう立場で見るかで、印象がずいぶん違うのではないかと、妻は言っていた。町の、大きな教会から見ると、どうなのだろう。私たちはかつて富士宮市の田舎に峰山伝道所を持っていたが、そこで長く牧会された牧師から見ると、どうなのだろう。立場によって人は評価する。評価とは、難しいと思った。外部からは、評価などできないのだろう、とも。そこに共に居る人たちの心が、第一のものさしである。そして同じ意味で、教会の宣教が、もう一つのものさしである。
f0086426_11393483.jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-12-05 23:38 | Comments(0)