「手ぶらでよい」

運動会のシーズンになると、私の娘が幼稚園児だった時のエピソードを思い出します。先生に連れられて、園児たちがグラウンドの真中に出ていき、さあ、これからお遊技が始まろうとしたその時、一人の子どもが列から飛び出て、周りで見ているお母さんの方に向かって駆けてくるではありませんか。「よくこういう子っているんだよなあ」と思って見ると、何と、それはうちの娘でした。妻の方に向かって駆けてくるのです。せっかく練習してきたお遊技も披露できず、泣きながら手ぶらで駆けてくる娘に向かって妻は手を差し伸べ、だっこしていました。考えてみると、外側からは自分の子どもがどこにいるか、よくわかるのですが、子どもにとっては周り中人垣の中にいて、その中のお母さんをよく探せたと思うのです。お母さんを信頼するということは、こういうことか。すごいなあと思いました。

聖書に、「子どものように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない」とあります。
神さまが受け入れてくれる人は、きっとあの時の娘のように手ぶらで飛び込んで来る人だということなのです。良い行いを積んで、知識も増やして、性格も良くなって、よしこれでいいだろうというのは、この世の順序であって、神さまはどうも、それはお求めにはなっていないようです。まず、空っぽの手で、信頼して飛び込んでくる人を、神さまは探しているようです。問題があってもいい。途方に暮れていてもいい。清くなくていい。「敬虔な」信仰さえ、なくてもいい。神さまは、何もなくても、存在そのものを喜ばれるのです。「子どもたちを抱き上げ、手を置いて祝福された」キリストは、あなたにも手を置いて祝福されるのです。あなたは何も良いもの、誇るものがないと思っているかも知れません。しかし、キリストはあなたを祝福されるのです。

泉教会は日曜日、朝10時30分の礼拝で、あなたをお待ちします。電話番号は、045-803-1749。教会には、相鉄線、いずみ中央駅、または市営地下鉄、立場駅下車、歩13分です。相鉄線、市営地下鉄は、共に横浜もしくは小田急線湘南台から出ています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-10-29 09:36 | Comments(0)