「ハラハラドキドキ」

いよいよ、今度の日曜日が、ホールでの礼拝、およびコンサートである。
私は、泉教会の働きとか、教会の伝道とはどういうものかをここで教会の皆さんと共有したいと願い、このコンサートを祈り、計画してきた。参加できない方がおられるのは本当に残念だが、きのうの礼拝で、祈りをもって出発した。

チケットは、200枚を売るという目標に対して、現在125枚である。
人数的にはチケットから125人、泉教会25人、クワイア60人で、計210人となっている。1階300席に対して70パーセントの入りである。まだ委託先からの返事がないところもあるので、当日参加を期待して80パーセント(240人)までいけそうである。

大事なのは、これが教会の伝道だということである。高齢者がゴスペルに関心が持てないのは仕方がない。また、私たちの教会には、このような動的なことが苦手な人も多い。27人の会員がいても、実際は10人も動くことができるかどうかである。しかし、これは「教会」の伝道である。コンサートとは言っても、コンサートではない。ほかのコンサートとは訳が違う。一人でも、ゴスペルで歌われている信仰の言葉に出会い、福音に出会い、イエス・キリストに出会うことが、最大の目的、目標である。期待しよう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-09-06 11:08 | Comments(0)