「街道の難所」

「東京から下関・門司まで歩いたよ―夫婦で1200キロ」
という本を、知人からいただいた。知人と同じ団地(私の家からも近い)にお住まいの方が、出された本であった。へ~、東海道のあとは中山道(なかせんどう)に移る人が多いらしいけど、京都を越えて、向こうまで行っちゃう人もいるんだと思った。
それにしても、交通費がかかっただろうなと、そちらの方ばかり気になって仕方ない。私はようやく四日市まで行っただけで、交通費(車で東名高速往復2万円)と、そこまで行く時間(7時間)を考えただけで、腰が重くなっているのに… 私の場合は現地(前回の終点)までは新幹線ではなく車で行くので、交通費はともかく、時間がかかる。しかしこの方は新幹線利用なので、交通費がかかる。交通費を浮かせようとすると、車を使うから時間がかかり、時間をかせごうとすると新幹線を使うので、お金がかかる。いずれにしても、街道ウォークのためには、このために賭ける日ごろの節制と、踏み出す「勇気」がないと、できない。
東海道にはいくつかの難所があるが、私には、7時間も車で移動しなければならない閉鎖的車中が、一番の難所である。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-09-02 09:19 | Comments(0)