「私たちは変えられる」

「あ、ザリガニ、死んじゃったよ」ある時、そう言う子どもの声で、バケツのそばに行きました。見ると、今まで動き回っていたザリガニが水の中でフワリフワリ。
「本当だ」。でも、もう一度よく見ると、岩の陰にもう一匹いるのです。実は、死んだのではなく、それは脱皮した抜け殻だったのです。もう一匹いると思ったのは今までのザリガニで、ひとまわり大きくなって、しかも、何と、今まで片手がなかったのに、少し小さいけれど手がちゃんと生えているではありませんか。子どもそっちのけで、親の方が真剣に見入ってしまいました。一回り体が大きくなって、それだけでなく欠けていた手が元通りになるのを見た時、脱皮という自然の営みの不思議、すごさを思いました。
さて、私たちにも、そういうことが起こるのです。回復の日がある。聖書に、こう書いてあります。「蒔かれるときは朽ちるものでも、朽ちないものに復活し、蒔かれるときは卑しいものでも、輝かしいものに復活し、蒔かれるときは弱いものでも、力強いものに復活するのです」。もっとはっきり言えば「キリストは、わたしたちの卑しい体を、ご自分の栄光ある形に変えてくださる」。
さて、あなたは自分に失望する時があるでしょうか。自分が情けなく思う時があるでしょうか。不安になったり、空しくなったりすることがあるでしょうか。私たちが目の前の現実で潰れそうな時、自分の弱さの中で思いが堂々めぐりしている時、しかし、キリストはその私たちを、すでに神の国で変えられた者として見ていてくださる、というのです。形が変えられるだけではなく、私たちの中に朽ちない、輝かしいもの、つまり人間の、人格の尊厳を見ていてくださるのです。
このキリストの眼差しの中で、だから、私たちは希望をもって生きることができる。生活の折々、現実の重荷に潰されることなく、しっかりと生きることができるのです。あなたも日曜日、泉教会でイエス・キリストに向かって心を高く上げてみませんか。
f0086426_974343.jpg

泉教会の最寄り駅は、相鉄いずみ中央、または地下鉄、立場です。電話番号は、045-803-1749 です。いつでも、あなたのおいでをお待ちしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-08-04 09:00 | Comments(0)