「神学校懇談会」

今日、日本聖書神学校で、神学生の研修教会と神学校との懇談会があって、目白まで行ってきた。
滅多に出ない東京方面でもあり、案の定、帰りは渋谷駅と横浜駅で道に迷った。横浜は地元じゃないかと思うのだが、東横線で帰って来た横浜駅は、とたんに自分の位置がわからなくなる。
それはともかく、神学校では「実習教会の手引書」を作り、学生と研修教会に配布、教会実習(研修)を積極的にとらえていることをうれしく思った。
特に
「教会実習によって獲得を目指す『理解の領域』」
「教会実習によって獲得を目指す『教会の領域』」
「教会実習によって獲得を目指す『自己の領域』」
「教会実習によって獲得を目指す『体験の領域』」
というところは、よく考えられていて、感心したところである。
これから牧師になろうとする者が、自己の領域とどのように向き合い、理解していくかは、極めて大切であると私は思っている。「手引き」は、その点にきちんと触れていて、研修教会に対してはそこで助言がほしいと言っている点で、とても共感した。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-07-22 21:56 | Comments(0)