「娘の結婚式」

はからずも、桜の開花日。
はからずも、王ジャパン、野球で世界優勝の日。
その日に、娘は嫁いでいった。

いつもは、私は司式者の立場である。
親の立場は初めてで、何をしていいのか…うろうろ。
それでも、会場が大学で、いわゆる結婚式場ではないので、準備から後片付けまで、する事も多く、見れば娘も、友人たちスタッフと同様のネームプレートを下げ、走り回っていた。そこに「嫁」と書いてあった。

そうこうしているうちに、時間になって、ヘアーメイクと着替えのために、準備室に入っていった。
何か一言、言いたい思いがあって、しばらくして行ってみたら、まだ準備ができていない。
まだか、と思っているうちに開始時間になってしまった。テレビドラマのようには行かない、か…

その間も、友人たちは走り回っていた。
娘は、本当に良い友人たちに恵まれたと思う。前日も、3人が我が家に泊まり、徹夜で準備してくれた。しかも、在学中の大学の仲間だと聞いて驚いた。卒業して2年たつのに、学年が離れていても、こうして一生懸命やってくれる友人がいる。一番、感動と感謝を覚えた事は、そのことだった。

そして、ついでに昨日は私たち夫婦の30年目の結婚記念日。娘の結婚式に臨む親の思いと、
自分たちの30年前のあの日の回顧とが重なり、何と言ったらいいか、…言葉が見つからないが、とても良い一日だった。

f0086426_1043354.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2006-03-22 22:49 | Comments(0)