「土曜日の荷物運び」

アメリカから、主に英会話の先生として、また、そのほかの働きのために日本にやって来る人の住まいの準備を進めている。

来日は4月であるが、一昨日、アパートを契約をした。そうしたら今日、急遽、家具類を運ぶことになり、契約はグッドタイミングとなった。S牧師にもお手伝いいただき、Y兄と一緒に家具類を運んだ。冷蔵庫、ダイニングテーブル、食器棚、ベッド、ライディングデスク、ふとんなど、調達したものをアパートに運び込んだ。ちょうど、家を人に貸すので家具類一切を処分するという家があり、これもグッドタイミング。必要なものが一気に揃ったわけだ。
明日、たまたま神学生の奨励の日で、私はきょうは説教準備はない。というわけで、いつもは礼拝準備、説教準備で、とても引越しなどできない土曜日でありながら、これもまたグッドタイミングであった。
そして今日、タイミングが重なれば重なるもので、入国のための「在留資格認定証明書」が届いた。申請後、順調に許可がおり、ほっとした。

この姉妹の立場は、「友好宣教者」と言う。英会話が主な仕事になるとしても、彼女の賜物を用いて、何でもすることができる立場である。教師ではないので、宣教師とは言わない。キリスト者が、外国に出かけ、国籍を超えて、働きを共有する。きっと、良い実を生み出すに違いない。アパートは、我が家の目の前である。出会いを心から楽しみにしている。
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。

※ コメントは、書き込んでいただいてから画面に反映されるまで、最大1日くらいかかります。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-03-13 21:24 | Comments(0)