「32年前の写真」

 卒業式が行なわれる季節が、近づいた。

 ここに、1枚の写真がある。当時の写真がないか、という問い合わせがあったときに探し出したもので、懐かしくて、そのままデスクトップに置いてあるものである。
 32年前、1978年3月、場所は東京都東久留米市氷川台、日本基督神学校の卒業式である。
 あとから、研修教会で送別会をしてくれた時、あのときの話が面白かったからもう一度話して欲しい、と言われたのだが、何も思い出せなかった。確かに皆さん、笑っておられる。私は、ここで何をしゃべっていたのだろう。同士の諸君、思い出したらコメントしてほしい。

 この時に一緒に卒業した一人、私の左にいる友は、今は天に移されている。しかし、ほか、ここに写っている諸兄姉は皆、健在である。今、毎年1回、全員がそろって、クラス会を開いている。個性あふれる仲間たちは、いよいよ個性的になっている。他の人はどう見るか知らないが、私の気持ちは、この時のまま、何も変わらず推移している。

 特に、この日、卒業式で丸山校長が読み上げた卒業証書の言葉が、今も、心に響いている。

 新旧両訳聖書に啓示され宗教改革において宣明されし神学と精神に基づく伝道者の訓育を以て使命とせる本校の課程を卒業せし事を証す
 願わくは貴君の生くる限り主の召命にこたえて教理と生活とを兼備し敬虔なる献身と救霊の業に励みつつ神の栄光をあらわされん事を祈る


f0086426_11133176.jpg

f0086426_14264098.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく。

※ コメントは、書き込んでいただいてから画面に反映されるまで、最大1日くらいかかります。
[PR]
Commented by ミリアム at 2010-01-25 13:57 x
現在のものと見紛うほど、先生の外見も変わっていませんね。
1977年3月といえば、私は第一希望の会社の試験に受かって、
入社式を目前にしていたころです。
先生も私も、それぞれに用意されたスタート地点に立った年だ
ったのですね。
その会社で出会った方に、30年後、泉教会へ導かれたの
ですから、勤務した数年間を思い出すたびに深い感慨を覚えま
す。
Commented by owner at 2010-01-25 14:04 x
今、出会っている皆さんの人生と、こうして重なるところを発見すると、感慨を覚えます。まったく違うところにあったその「時」が共有化され、点と点がつながって、線となり、面となる。神の民が、こうして造られていくのですね。
Commented by owner at 2010-01-26 09:37 x
改めて見てみると、違うところにも目が移って、、、、すごいカーテンだなあと。1学年、これだけの卒業生だから、塾のような神学校の運営も、ずいぶん大変だったのだろうと、今だからこそ運営する側の苦労がしのばれる。良くしてくださった先生方に、心から感謝。
Commented by rev_ushioda at 2010-01-27 14:39
1年違っていました。1978年3月でしたね…
Commented by ミリアム at 2010-01-28 14:25 x
が、がびょーん・・・

わずかな差です(笑)
by rev_ushioda | 2010-01-25 11:11 | Comments(5)