「旅のこころ」

毎年、12月に入るとすぐ、牧師会のクリスマスがある。もちろんアドベントには入っているから、準備はしているのであるが、私にとっては、思いをクリスマスの諸行事に向ける大事な「節目」となっている。
さて、そこで、1年間にあったことを振り返りながら一言を言うことになっている。私は、この何年かは、東海道について触れるわけである。「地球の歩き方」なんていう旅行案内があるが、東京から愛知まで歩いてみると、地球も歩けないことはないなあ、なんていう気持ちにもなる。とにかく、京都の帰りは、中山道を思い描いている、そんな話をした。

話したあと、いろいろ考えた。

結婚25年記念に、子どもたちを家に残して夫婦で北海道を旅したのが、始まりだった。それまで、旅行のための2泊3日の休暇をとっただろうか。休むこと自体が、罪悪感につながっていた。思い切って北海道を旅したことがよかった。これからは月に一度、温泉に行こう、という気になった。その気になっただけで、気分が違った。これだ、と思った。

私は、自他共に認める「まじめ」な人間である。今まで何十年も、それはしかし、縛りだった。まじめと言われることが苦しかった。「潮田先生はまじめだから…」。やめてくれ、と心の中で叫んでいた。これからは、その「まじめ」が、いい意味で気持ちの中で動き出すようにしたい。私の気持ちを解きほぐす作業が、17、8年前に始まった(カウンセリングを勉強したとき。40才頃だった)。
こうして、北海道の2泊3日の旅になり、旧東海道への旅になった。2泊3日の休暇を、年3回とる。10年前までは、ありえなかった。そして、思っている。遠くを目指す旅だ。死ぬまでに着ければいい。すべて、縛りを解く大事な作業だ。

今、落ち着いて現実と自由に向き合えるように、ようやくなった、気がする。60才を前にして。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
↑ よろしく。
[PR]
Commented by ミリアム at 2009-12-05 16:08 x
「縛りを解く大事な作業」・・・
私は讃美(♪)していると解けて(溶けて?)ゆきます。
ハレルヤ!!
Commented by owner at 2009-12-05 19:46 x
ミリアムさん、ようやくここに書き込みをしていただけましたね ^^
溶かして自分を拾い出すと、結局は同じ自分、同じ性格であるのですが、縛りがないというだけで、景色が違ってくる。不思議です。
Commented by ミリアム at 2009-12-07 10:16 x
せ、せんせい!
少し前に、書き込みデビューは済んでおります。
さて、どこでしょう、キーワードは「しみ」です・・・。
Commented by rev_ushioda at 2009-12-07 11:26
Wao~失礼しました´~`;
どういうわけか、そこ、レス入れていなかったですね。
たぶん、忙しさにかまけて…
反省。
by rev_ushioda | 2009-12-03 08:34 | Comments(4)