「横浜唯一の渓谷へ」

月~水曜日の理想的な連休だ。東海道へ、と思ったが、そこに行くまでの東名高速は大渋滞が予想されるため、断念。結婚式のあとの疲れが残っていたので、それはそれでよい決断だったのかも。
そこで、昨日は市川伝道所の候補地を見に行くことにした。現地を見、M先生御夫妻と食事を共にした。今は現地に行かなくても、インターネットで自在に歩き回ることができる。しかし、やはり現地の人にしてみれば、来て、見てほしいというのが心情であろう。
その後、木更津までドライブ、そこから、混むのを承知でアクアラインを初めて通ってみた。急ぐことのないドライブなので、渋滞も、余裕で通って来た。

今日は、突然思い立って、以前から気になっていた「横浜市内唯一の渓谷」というところに行ってみることにした。それも、午後3時頃に… というのも、目指す「陣が下渓谷」は、上星川と西谷の間、意外な近場にあるからだ。
陣が下渓谷は、帷子川の支流にあたる市沢川の渓谷である。私の家の近くに長屋門公園があって、やはり森の中に湧水があり小川が流れているが、また帷子川の源流の一つとされる泉の森があるが、さすがにそれとは比べ物にならない、確かに「渓谷」と言えるほどの場所であった。森に入るとひんやりする。清流が流れる川に出ると、さらに空気が違う。付近に住宅地が迫っているのに、町の喧騒は何も聞こえない。ただ、水の音だけだ。この渓谷を、しばらく川に沿って歩いたり、川のそばを通る歩道を散策できる。横浜に残された貴重な自然だと思った。
f0086426_2284080.jpg

渓谷を歩いていくと、やがて次の写真のように、ちょうどその渓谷の真上を環状2号が通っている。この工事に伴い、2004年、渓谷は「陣ヶ下渓谷公園」として整備されたそうである。面積15ha。環状2号が渓谷の上を通る部分は、桁下への採光性、既存樹木の保存など、自然と道路の共存が工夫されたそうで、何とかという賞を、とったそうである。渓谷はずいぶん変容しただろうに、そういうものかと思った。
f0086426_21223156.jpg

f0086426_21314375.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ 今日もよろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-09-22 21:29 | Comments(0)