「物語はつながる…」

カンバーランド・オークション。今年6月15日~19日、メンフィスで開催された総会(GA)における新しい試みとして、「メンフィス神学校」のための支援の一つとして行われたものである。
オークションの概要は、「出展作品は、カンバーランドの群れの皆さんから集められる、それぞれの文化を反映するような特徴ある作品(手作りの作品など)で、出展者の名前と共にオークション会場に展示されます」となっていた。
私たちの教会のM姉がこれに応募してくださったのが、写真の押し絵である。結局、日本からの出品は、この1件だけになった。しかし、写真のように点数が20余点におよび、圧巻? 大変好評であったと、参加した方から聞くことができた。以下の出品者のコメントと合わせると、作品には物語があり、その物語が海を渡り、大きな役割を果たしたことに、感動を覚える。

以下、出品者のコメント。

M家の誰が、母の作品が太平洋を渡ると想像した事でしょう。人生の思いもよらぬ展開に驚くばかりです。
この押し絵を作った義母の顔を、私は、写真でしか知りません。義母は50歳の若さで亡くなりました。教員をしていましたが、夫の誕生後は家庭に入り、もともと器用だったのか、子育てが一段落したころ押し絵を習い、教室を開いてご近所の女性に教えていたと聞いています。
作り方を夫から聞きました。
1. 図案をパラフィン紙に写し取る
2. 1.を厚紙にチャコペーパーなどでさらに写す
3. 2.を切り取り、それぞれのパーツごとに薄い綿をはさみ和装生地でくるむ
4. 3.を図案どおり並べて一枚の紙の上に乗せ、貼り付ける
5. 図案の外郭を切り取り、色紙に貼り付ける
幼い日、夫がどんな表情で母親の手元を見ていたのか、想像すると、なにやら楽しく感じられます。こうしてみますと、我が家の押入れに20年以上眠っていた作品が、息を吹き返したかのように感ぜられます。色鮮やかで、生き生きと見えます。美しく展示してくださったことも、望外のよろこびです。
ところで、義母の本棚にあった聖書を、私の手元に置くようになって27年になります。義母はキリスト者ではありませんでしたし、聖書をどれくらい読んでいたかもわかりません。しかし、私は、昨年受洗しました。27年間、大きな見えない力が義母から私に流れていたように感じます。
f0086426_22164740.jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ 押してから移動をよろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-06-29 22:34 | Comments(0)