「八木重吉記念館へ」

今日は、教会の一日旅行であった。行き先は、町田市相原にある八木重吉記念館。八木重吉の生家だ。その詩の素朴さ、信仰の素直な表現に心打たれていたが、ついに生家を訪ねることができて、うれしかった。例によって例のメンバーであるが、今回は初めてのM姉が参加でき、6名で。よく手入れされた庭、美しい花々にも、感動。

八木重吉は、1898年生まれ、神奈川県師範学校(現・横浜国立大学)、東京高等師範学校の英語科を卒業後、各地で英語教員を務めた。学生時代から教会に通うようになり、1919年には駒込基督教会で洗礼を受けた。1926年に結核と診断され、翌年、29歳で亡くなった。登美夫人に桃子・陽二という二人の子どもが残されたが、やはり結核で1937年に桃子が、1940年には陽二が相次いで召された。そういう不幸な時代であったのだ。この子どもたちの書を記念館で見たが、非常に立派な字であった。そういえば重吉の油絵も、立派だった。一人残された登美夫人は、やがて再婚、1999年に亡くなっている。分骨して、今は生家の墓地に重吉、子どもたちと共に葬られている。

八木重吉は、「私の詩(私の詩をよんでくださる方へささぐ)」という未発表詩のなかで、自分の詩は「必ずひとつひとつ十字架を背負ふてゐる」と主張している…そうだ。私は洗礼を受けた友に、次の詩を30年間、贈り続けている。

「ゆきなれた路の なつかしくてたえられぬように わたしの祈りのみちをつくりたい」。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ 下のcomments をクリック、ひと言書いてから、上のここをクリック、よろしく
[PR]
Commented by のこぎリスト at 2011-09-30 01:09 x
のこぎり演奏を生業としているものです。
上記動画が見れなくて残念というコメントです。
私はキリスト者ではありませんが、八木重吉の詩に
いつも見守られている気がしています。
雨があがるように 静かに死んでいこう。
Commented by rev_ushioda at 2011-09-30 08:12
コメント、ありがとうございます。
storyz は、あるときから見れなくなり、その書き込み部分を削除しているのですが、この記事は少し前のもので、気づきませんでした。失礼しました。教えていただいてよかったです。
のこぎり演奏ですか。いつか、聞かせていただきたいものです。良いお仕事をなさってください。


by rev_ushioda | 2009-04-30 20:07 | Comments(2)