「イースターその後」

昨日は、I 短大のイースター礼拝。今日は、I 保育園のイースター礼拝。対象のギャップを埋めるのに大変であった。短大から帰って、すぐ、子どものために使う視覚教材を作ったところ、これが4時間かかった。子どもには、やはり教材があるとないとでは全然違う。苦労が功を奏して、今日は子どもたちを2000年前のイエス・キリスト復活の世界に (^^)v
それにしても、おしゃべりが好きな、今どきの大学生を静かにさせるのは、先生方、たいへんである。この学生たちも、保育士になって卒業し、やがて子どもたちの前で「静かにしなさい」なんて言うのだろう。説教中、ちらほら、隣の人と話している姿を見つけてしまうと、こちらの力が削がれてしまう。挑発されて、負けてはいられない、という心理状態になると、説教が「お説教」になる。聖霊に委ねなければ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2009-04-14 17:26 | Comments(0)