「キリスト教の免許」

あなたは、車の免許をお持ちでしょうか? では、キリスト教の免許はいかがですか? あなたはキリスト教の免許を、お持ちでしょうか。キリスト教の運転 ─ キリスト教による生活は、あなたが思っているよりはるかに楽しいのです。もしこの免許を持っていなければ、さっそくお取りになったらいかがでしょうか。いろいろと資格を持っている人がいますが、私は真っ先にキリスト教の免許取りをお勧めしたいのです。
加賀乙彦という精神科の先生がいますが、この人は作家でもあります。キリスト教信仰を主題とした小説をずっと書いてきました。だから、当然ですが、聖書も読んできました。しかし、聖書を繰り返し読みながら、彼は、あるところまでで理解が止まってしまう感じがあって、戸惑っていたのです。そんなある時、遠藤周作さんから冗談で言われた。「君はキリスト教を無免許運転しているね」
この言葉は、無免許運転であるからどこか遠慮がちで煮えきらず、おそるおそるしか進めない自分の気持ちを言い当てていたのです。加賀さんは思った。「よし、それならば免許を取ってやろう」。洗礼を受けよう、ということです。
洗礼の決心をしてみると、大きな変化を感じたそうです。次のように言っています。─「聖書の読み方がすっかり変わってしまった。読んでいて渇く人が水を与えられたような“喜び”が起こってきたのだ。福音書がこんなに楽しい文書だとは、今までついぞ知らなかった。おそらくわずかな一歩なのである。…このわずかな一歩は、しかし、無限に大きな一歩でもあった」。
私は、この電話を聞いているあなたにも、この「わずかな一歩」を踏み出してほしいと思っています。必ず、「後の日の無限に大きな一歩」になります。あなたにも、キリスト教の免許を取ってほしいのです。そのために私は喜んで、できる限りお手伝いさせていただきます。あなたが私たちの教会をお訪ねくださるのをお待ちしています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2009-04-09 21:42 | Comments(0)