「人間の尊厳」

「アンクル・トムの小屋」という、ストウ夫人の名作があります。この小説の主人公は、黒人奴隷、トムです。あるとき、トムは、綿摘みの過酷なノルマが果たせず、疲れきった女を助けて、代わって綿を摘むのです。しかし、そのことで主人レグリーの怒りを買って、冷血漢の主人は、トムに激しい拷問を加えます。レグリーはトムを鞭で打ちながら、こう言うのです。「俺はお前を買った。お前の体も魂も俺のものだ」。すると、即座にトムが返した言葉は、こうでした。「違います。私の魂は旦那のものではありません。旦那は体は買っても、魂は買うことができない。私の魂は、守ってくださることができるただ一人の方にすでに買われて、支払も済んでいます」。
こうして、レグリーは鞭でトムの体を傷つけても、魂までも屈服させることはできなかったのです。ここがキリスト教信仰の要、大事なところなのです。トムの中には「自分はもうイエス・キリストに買われている。自分はその方のものだ」という強い思いがあって、これが現実の拷問、苦しみに打ち勝つ力となり、トムの人間としての尊厳性を守り抜いた、ということになったのです。キリストに買われているというのは、言い替えると、キリストはこの自分のために十字架に死んでくださった。十字架という値を支払って、私を罪の支配から解放してくださった、ということなのです。
人生の荒野・荒波の中で、何が私たちの盾となり、砦となり、私たちを投げやりの人生とならせず、私たちに人格の尊厳性を守らせるかと言うと、私たちはキリストに買われていることだと、あの小説は語っていたのです。私たちはキリストのものだから何者も私の魂を奪うことはできないのです。言い方を変えると、キリストに無条件に愛されている、ということ。私たちは一人も洩れなく、キリストの代価によって買い取られ、罪の支配から解放され、今や、神の宝とされているということです。これが人生の荒野・荒波の中で、私たち人間の尊厳を守るのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ 今日も、押してから移動をよろしく。1行程度の感想(下の comment )もよろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-03-31 09:22 | Comments(0)