「箱根にいい宿あり」

箱根の塔ノ沢温泉に、良い宿(ホテル)がある。良い、という意味は、まず、安いということだ。1泊2食、しかも夕食は本格フランス料理で5,775円! かつ、部屋は広いし、少し古くはあっても清潔で、窓は早川に面して大開口となっていて景色は抜群というキャトルセゾンだ。
ただし、渓谷にあるホテルなのでエントランスやロビーは非常に狭いし、大浴場と言っても小さめなので、そういうところに空間とくつろぎ感を期待する人には、紹介できない。
でも、近くの姉妹館、江戸時代から続く老舗旅館である「一の湯本館」の温泉が使えるのが、いい。とにかくお勧めは、フランス料理、部屋の広さと部屋からの景色、そして極めつけの低料金だ。 → 料金は、残念ながら4月から8,400円に改定だそうだ (>_<;
日曜日、その日の全てのことが終わってから、5時に出発しても6時には箱根に着く。そして温泉に入って、フランス料理を楽しむ。夫婦二人でひとつのグラスワインが、料理にちょうどよく合う。早川の流れの音が心を癒す。
翌日は、箱根の風情溢れる無人駅(駅には階段と山道でしか行くことができない) 塔ノ沢駅 までの山道を散策、そのまま登山鉄道で湯元に行き (動画では、湯元から塔ノ沢に向かっている)、湯元辺りをぶらぶらしながらおそばを食べ、歩いて塔ノ沢に戻っても15分くらいか。そして、午後1時には自宅に戻っている。(または、塔ノ沢でベゴニア園、ひめしゃらの湯を楽しむのもいいし、宮ノ下まで行って富士屋ホテルの、あのカレーを食べてもいい)。
これが、私たちの、ちょっとした休養の仕方である。月1回は行こうと決めたまま、数年行かれずじまいだった箱根は、今年、今のところ順調である。年齢だろうか、以前は気にも留めなかった休養が(そうして妻に迷惑をかけてきた)、今はとても大事になってきた。
写真は、手前のトンネルと、向こうの山に入って行くトンネルに挟まれ、山の中にホームだけ出現する「塔ノ沢駅」。
f0086426_17294493.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ よろしく。

[PR]
Commented by 国立の巨人 at 2009-03-09 22:22 x
素敵な休養ですね。
私はいつの日か夫婦2人で自転車で! というのが最近の夢ですが、一生足並みはそろいそうもありません^^
Commented by rev_ushioda at 2009-03-09 23:37
できる範囲で旅行したいと思っているのは、突っ走ってきた半生?を反省して、妻へのツミホロボシの意味もあるのですσ^◇^;
by rev_ushioda | 2009-03-09 16:53 | Comments(2)