「NPO法人 心を聴く市民ネットワーク」

12年前、私は泉区に「気持ちの聴き方」講座をスタートさせた。カウンセリングの手法を取り入れた、ちょっとユニークな、コミュニケーション勉強会である。やがてスタッフが与えられ、今はNPO法人格を取得している。講座だけを主眼にして活動している法人である。
展開して12年目。人気があったかどうかは知らないが、任期がないものだから(^^) 口伝えに参加者が与えられて、ここまで続いた。ところが最近、参加者が減っているので、スタッフは気をもんでいる。去年1月スタートの講座は、11名、5月スタート8名、9月スタート7名、今回6名。何か、計画されたように見事だなあ・・・と、私は、そのあたりは至ってのんきなものだから、先生はやる気がなくなったのか?と、とんでもない誤解を受ける始末である。しかし、これは泉区に教会開設時からの私のミッションである。やる気はあるが、しかし無理なく、というのが私の信条であるから、まあ、ゆっくりやりましょう・・・と言っている。スタッフのほうが、きっと一生懸命にしてくれているのだろう。
それにしても、過去11年間で、参加者が300人に迫っている。戸数1万戸の地域である。「戸数」に対して3パーセント。飽和状態なのではないかとスタッフが勘繰るのも無理はない。
しかし、気持ちを聴くといった関心は、飽和状態ということはないはずだ。なぜなら、人間がいれば、その同じ数だけ、このテーマは存在し続けるからだ。そうだ、地域の幼稚園などにも、案内書を送ってみようか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ 今日も、よろしく。
[PR]
Commented by ネットのファン at 2009-01-31 09:11 x
「このテーマは存在し続ける・・・」激しく同感です。
末永くご活躍を!!
心からのエールを送っております。
この学びと出会うことは、人生の「宝」ですから。
スタッフのお一人お一人に
上より更なる祝福が注がれますように・・・。
Commented by rev_ushioda at 2009-01-31 19:14
ネットのファンさま、応援を有難うございます。
d=(^o^)=b
by rev_ushioda | 2009-01-30 16:48 | Comments(2)