「主の祈りによる説教、本を出版」

昨年10月から12月まで、私たちの教会の礼拝で語ってきた主の祈りの説教を、2月までには本にして出版する予定。140ページ前後で、1冊1,500円。現在、縦書きにするための文字修正、その他、校正をしている。
それにしても、1週間単位でまとめなければならない1回1回の説教に対して、しかもあの忙しい時期に、どれだけの準備をすることができたと言えるのだろう。内容は、推して知るべし、というべきか。
しかし、とは言っても、説教はその時、その時、時に適って必要だった言葉、神の民を養うために神が与えてくださった言葉であったと堅く信じている。内容は、マタイによる福音書をテキストにして、14回にわたる説教に次のような題をつけた。
向き合うことから/父よ/私たちの父よ/天におられる父よ/御名が崇められますように/御国が来ますように/御心が行われますように/私たちに必要な糧を/負い目を赦してください/赦しましたように/誘惑に遭わせず/悪い者から救ってください/ただ神に栄光あれ/アーメン
(今回は10冊だけ出版しますので、希望者は、連絡ください。なお、この本には、説教では触れなかったこと、説教の背景にあることを、「参考」として付けています)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2009-01-03 09:29 | Comments(0)