「SDG」

10月から続けてきた主の祈りによる説教は、昨日が最後であった。以下、説教の最後の言葉である。

教会音楽で有名なバッハは、彼が作曲した楽譜の最後に必ず"SDG"と記したそうです。 "SDG"とは、ラテン語で、"Soli Deo gloria" (ソリ・デオ・グロリア、ただ神に栄光があるように)というラテン語の頭文字です。「ただ神に栄光があるように」なぜなら、国と力と栄えとは限りなく神さま、あなたのもの、だからです。
今年も、また、社会的にいろいろな事件がありました。教会生活にも大きないくつかのことを数えることができます。私たちの個人的な生活にも、それぞれ大きな変化がありました。
しかしそれがどうであろうとも、私たちは今年最後の日にSDGを付けて、この年を送ることをしたいのです。そして、やがて来る人生最後の日にも、確かにSDGを付けて人生を閉じていきたいものです。

「国も力も栄光も 永遠に主よ、永遠に主よ、あなたのものです」(『神の民の礼拝』より)。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ 今年、大変お世話になりました。今日もひと押しお願いします。
[PR]
by rev_ushioda | 2008-12-29 15:40 | Comments(0)